就職試験でよく出題されるSPIの言語問題。

社会人としての言語感覚が確かめられますよね。

最近は若者の活字離れが進み、ボキャブラリーが足りなかったり、漢字の読み書きが苦手な人が増えています。

本屋さんで分厚い本を買ってもなかなか内容が頭に入ってこない人もいるでしょう。

そんなSPIの言語問題に悩むあなたにオススメのアプリがあります。

「SPI言語 Study Pro」なら、無料で多くの問題を反復して学習することができます。

繰り返して解いていくと、未学習の問題と過去に間違えた問題が優先的に出題されるので、効率よく学習ができます。
また、ユーザーレビューでは、解説がとても詳しいと評判です。

無料版では52問用意されていますが、有料版をインストールすると、232問も収録されています。

このアプリでSPIを就職の武器に変えてみましょう!
それでは、さっそく使い方を説明していきます。




スポンサーリンク

Study Proの使い方

登録方法

メールアドレスやSNSを使ったアカウント登録はなく、アプリをインストールすれば、誰でも無料で使えます。

iPhoneの場合、Apple Storeで「SPI言語」と入力すると、検索結果の最初に表示されます。

使用方法

アプリを開くと、はじめにこのような画面が表示されます。

「学習開始」ボタンで、問題を解くことができます。
「解法/例題一覧」では、言語問題を解くノウハウと例題を見ることができます。

さっそく「学習開始」ボタンをクリックしてみましょう。

AからEまでの5問の中から選び、正解/不正解が表示されます。
解凍の下には詳しい解説がついています。

画面最も下ではタイマーが表示されていて、丸の位置が左から右へと移動し終わるとタイムオーバーになります。

また、「ふせん」変更ボタンをクリックすると、あなたの理解度を記録し、間違えた問題を再び出題されるリストに加えることができます。

ふせんを貼り、解説をよく読んだら「Next」ボタンで次の問題に移ります。

ホーム画面の「解法/例題一覧」ボタンをクリックすると、このように言語問題の種類別に解説がされています。

例題も作られているので、問題を解くアウトプットの練習にもなります。

最後に、ホーム画面右下の設定ボタンをクリックすると、解答中にタイマーを表示するか、間違えた問題が何日以内に再び出題されるかを設定できます。

まだ、問題を解くことに慣れていないうちはタイマー非表示にすれば良いでしょう。
また、何度も反復練習したい人は、再出題までの期間を短く設定することをお勧めします。

Study Proのまとめ

間違えた問題を中心に何度も反復練習ができて、詳しい解説で理解を深めることができる「SPI言語」

これを使って勉強してみたいと思った人はこちらからダウンロードしてみてくださいね。
⇒Study Pro(iPhone用リンク)

言語問題が苦手な人は、今すぐダウンロードしてみてくださいね。




スポンサーリンク