就職活動では必ず通る道「SPI」。

大学受験までは勉強も頑張り世の中のニュースにはアンテナを張っていたけれど、大学入学後は遊びやバイト中心の生活になり、一般常識が抜け落ちてきまう人も多いはずです。

特にSPIは、学力や知識だけではなく、さまざまな角度から多角的にその人の人格やスキルを見定めるので、丸暗記では太刀打ちできません。

そこで、オススメしたいアプリがあります。

その名も「SPI 一般常識過去問題」

その名の通り、過去に出題された問題を解くことができるアプリです。

13もの問題の種類が揃えられていて、自分がどれほどSPIに強いのか確かめることもできるし、就活直前の仕上げにも使えます。

詳しい解説がついているので、消化不良の理解のまま終わることはありません。

さっそく使い方を見ていきましょう。




スポンサーリンク

『SPI 一般常識過去問題』の使い方

登録方法

メールアドレスやSNSを使ったアカウント登録はなく、アプリをインストールすれば、誰でも無料で使えます。

iPhoneの場合、Apple Storeで「SPI 一般常識過去問題集」と入力すると、検索結果の最初に表示されます。

↓のリンクからもダウンロード可能です。
⇒SPI 一般常識過去問題集(iPhone用リンク)

使用方法

基本的に、この一画面のみで全ての機能が使えます。

カテゴリのボタンを押して、問題を解き、解説を読むだけです。とてもシンプルです。
たとえば、このカテゴリを選択すると…

問題が出題され、選択肢が表示されます。
真ん中のオレンジの線はタイマーになっていて、タイムオーバーになると強制終了されるので速く解きましょう。

解き終わると、正解・不正解にかかわらず、このように詳しい解説が表示されます。

「次へ」のボタンで次の問題へと進みます。

カテゴリ内のすべての問題を解き終わると、このようにあなたの正解率が表示されます。

各カテゴリのあなたのレベルを見て、あなたの弱点を知るきっかけにしましょう。

『SPI 一般常識過去問題』のまとめ

ボタンを押して問題を解くだけのシンプルな機能で使いやすいですよね。

解説が詳しいので、理解も深まります。

また、過去の問題を解くことで、自分の苦手なポイントを見つけることもできますね。
ぜひ、このアプリでSPIに強くなってくださいね。




スポンサーリンク